Uber Eats (ウーバーイーツ)で効率よく稼ぐために一番大切なこと

悩める配達員

Uber Eats (ウーバーイーツ)で効率よく稼ぐためにはどのようなことが大切ですか?

こんな悩みに答えます。

まず結論ですが、ウーバーイーツで効率よく稼ぐために一番大切なことは

配達エリアの特性を理解すること。

これが一番大切になってきます。

そして、配達エリアの特性を理解するためには、以下の6つの指標が重要です。

エリア特性を知るための指標

  • 店数
  • ピーク発生率
  • 配達先
  • 走りやすさ
  • 近隣エリア
  • 配達員数

この6つの指標から現在いるエリアの特性を理解し、効率よく配達することが稼ぐためには大切です。

例えば、店の数が多くても配達員が多ければリクエストを受け取りにくいですし、過疎地域(店の少ない)に囲まれているエリアにいれば過疎地に飛ばされるリスクも高まります。

つまり、6つの指標のバランスが取れている地域が稼ぎやすいエリアということです。

管理人

↓で6つの指標についてさらに詳しく解説しています。

\スキマ時間に稼ぐならモッピー/

累計会員数800万人突破!内職/副業/お小遣い稼ぎするならモッピー!
目次

効率よく稼ぐために意識すること6つ

ウーバーイーツで効率よく稼ぐためには配達エリアの

  • 店数
  • ピーク発生率
  • 配達先
  • 走りやすさ
  • 近隣エリア
  • 配達員数

を常に意識して配達を行いましょう。

管理人

1つずつ解説していきます。

エリアの店数はどのくらいか

6つの指標のなかで一番重要な指標がエリアの店数です。

理由としてはシンプルに、店の数が多ければ多いほどリクエストを受けやすいからです。

なので、待機する場所はできるだけウーバーイーツ加盟店が多いエリアを選びましょう。

調べ方は、ウーバーイーツの注文アプリで確認すればOKです。

管理人

最低でも5店舗以上が目安です。

ピークが発生しやすいエリアかどうか

配達エリアがピーク料金が適用されやすいエリアかどうかは常に把握しておきましょう。

なぜなら、ウーバーイーツの報酬の方程式

配達単価×配達件数

で、配達単価を意図的に上げるにはピーク料金を自分で狙う他ないからです。

管理人

ピーク料金以外で単価を上げる方法は、距離とチップですが、この2つはほぼ運です。

ですので、なるべくピーク料金が発生しやすいエリアで配達を行いましょう。

配達先はどんなところが多いか

意外と見落としがちなのが配達先です。

配達先には

  • 一軒家
  • アパート
  • マンション
  • オフィス
  • ホテル

など様々な種類がありますが、タワーマンションや高級ホテルなど、セキュリティが厳しい配達先には要注意

入館手続きなどで余計な時間が掛かる場合が多いからです。

こういった到着してから手間が掛かる配達先は、世帯年収が高い地域に多い傾向があります。

管理人

高級住宅街で配達を行う際は注意しましょう。

スピードはどのくらいだせるか

配達件数をこなすために、そのエリアが走りやすいかも重要です。

特に繁華街などでのピックアップは、人混みが多い道を避けられない場合が多いです。

しかし、件数をこなしていけば、人通りが少ない道や走りやすい道を覚えてくので、慣れればあまり気にしなくてもいい指標となります。

ただ、川を越える配達などは必ず橋を経由しての長距離配達になることが多いので注意が必要です。

管理人

坂道は体力勝負ですね。体力に自信がない人は無理せず、坂が少ないエリアを選びましょう。

近隣エリアはどんな地域か

現在の配達エリアがどんなエリアに囲まれているか意識しましょう。

なぜなら、配達先は近隣エリアに飛ばされることが多いからです。

飛ばされた先がお店の少ない過疎地域だと、次のリクエストを受け取れる確率が減ってしまいます。

その場合はお店の多いエリアに戻らなくてはいけないので、かなりの時間ロスです。

管理人

できるだけ店の多いエリアに囲まれている場所で配達を行いましょう。

配達員は他にどれくらいいるか

配達回数を稼ぐためには、配達員が少ない地域を選ぶことも大切

配達員が多すぎるとリクエストを受け取れない可能性があるからです。

配達員の数が多くても、店の数が多い地域ならば問題のない場合もあります。

このあたりは経験を重ねて、配達員の数と注文の需要バランスを肌で掴めるようにしましょう。

管理人

配達員の数は日によって違うので、エリアごとの配達員目安は参考程度にしておきましょう。

まとめ:効率よく稼ぐには配達エリアの特性を見極める

ウーバーイーツで効率よく稼ぐためには、配達エリアの特性を理解して、戦略を立てましょう。

配達エリアの特性を理解するためには、6つの指標を利用しましょう。

エリア特性を知るための6つの指標

  • 店数
  • ピーク発生率
  • 配達先
  • 走りやすさ
  • 近隣エリア
  • 配達員数

ブログ内でこの6つの指標を利用したエリア分析を行っています。

ぜひ参考にしてみてください。

それではまた。

\スキマ時間に稼ぐならモッピー/

累計会員数800万人突破!内職/副業/お小遣い稼ぎするならモッピー!
よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる